ホルモンの分泌不足

ホルモンの分泌不足

顔のシミというのは、どうしても老けて見えるので本当にいやなものです。女性なら誰でも気になる顔のシミですが、どうして出来てしまうのでしょうか。顔のシミというのは、いろいろな原因が考えられます。強い紫外線を長時間浴びた時や、年齢によって新陳代謝が低下した場合などに、顔のシミは徐々に目立つようになります。

 

皮膚の代謝が衰える理由になる、過労、煙草、不規則な睡眠習慣などでも影響があるといいます。結果、ホルモンの分泌不足により顔のシミが出来る場合もあります。四肢の冷えなどで新陳代謝が下がり、ターンオーバーが低下してシミになったりします。ニキビ跡や傷などに色素沈着してしまったもの、洗顔時の摩擦もシミの原因になります。顔のシミというのは様々な原因によって起こりますが、特に紫外線による顔のシミは普段の生活から特に気をつけなくてはいけません。紫外線に対する肌の対策をしっかりしておかなければ、年を取ってからシミが急に増えてくることもあるようです。

 

肌の乾燥が進むことも、紫外線による肌の影響として深刻です。紫外線による顔の乾燥が続くと、肌のバリア機能が低下して、かゆみが出る場合もあります。顔のほうれい線がくっきりとしてきたり、目尻のシワがはっきりしてきたりということも、シミの他に起こりえます。